新しいレンズを持って東大寺二月堂に撮影に行きました

Article views73 VIEW

新しいレンズ、単焦点レンズを持って東大寺二月堂に撮影に行きました。

なぜ、撮影にいったかというと前回写真を撮った時、レンズの特性をよく理解していなかった為、ピントのボケや被写体との距離感が掴めなかったからです。

撮影したものを確認し、結構凹んでいました。

このままでは終われないので、撮影の練習に行ったという訳です。

撮影機材

編集した動画

「オープニングの脳味噌ロゴ画質悪すぎる!」

改善点

  • アングルにカクつきが有るので、manfrottoの一脚を購入する。
  • 構図をもっと勉強する。
  • レンズの特性を理解して、適切な距離感を掴む。
  • 音に広がりが無いのでレコーダーを購入する。
  • 撮影前にどういうプランにするか考える。

以上の点が洗い出せました。

最近思う事ですが、想定や計画も大事だけど、とりあえず行動してみるという事が一番重要だと思います。

PDCAという言葉がありますが、右も左も解らない状態で計画からはじめるのは時間がかかりすぎる為、行動から始めた方が早い気がしています。

行動して解る事の方が沢山あると思うので。

まぁ仕事となるとそういう訳にはいきませんけどね!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Leave a Comment

CAPTCHA