【解決済み】macOS Sierraに「すべてのアプリケーションを許可」の設定が無い!?

Article views235 VIEW

いつも使用しているMacBook Air(Early 2015)にSierraをインストールしました。
意気揚々とSiriと戯れたり、ブログの更新を行っていたのですが、ある日あるアプリを使用してみたくなりました。

そのAppはApp Storeからダウンロードする物ではなく、ブラウザからダウンロードし.dmgを開くタイプです。
いつも通りダウンロードし、.dmgを開いてみたら

「開発元が未確認のため開けません」

との事。

あぁはいはい。いつもの【セキュリティーとプライバシー】で開くや

%e3%82%bb%e3%82%ad%e3%83%a5%e3%83%aa%e3%83%86%e3%82%a3%e3%81%a8%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8f%e3%82%99%e3%82%b7%e3%83%bc

無いやんけ!!

普段、Webからダウンロードしてきたアプリを愛用している僕にとって死活問題です。

以下復帰させる方法です。

ターミナルを起動

ターミナルで

sudo spctl --master-disable

と記入し、Macのパスワードを入れます。

sudonyuryoku

すると

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-09-23-06-41

これでWebからダウンロードしてきた.dmgを開くことが出来ます。

もし、設定を元に戻したい場合は同じくターミナルで

sudo spctl --master-enable

でもどります。

 

 

色々探してみた所

macOS Sierraではセキュリティ強化のため、開発者による署名が行われていないアプリは実行しにくくなるよう対策が行われています。
【引用元】macOS SierraでGatekeeper非対応アプリを実行する2つの方法

だそうです。

すごく助かりました。

 

参考サイト

macOS Sierraで「すべてのアプリケーションを許可」の設定を復活させる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Leave a Comment

CAPTCHA